教育学研究科・教育学部所属者

開室
月から金(平日)
<本学活動制限指針レベルSまたは制限なし>
授業期 9:00-19:00
休業期 9:00-17:00
<本学活動制限指針レベルA>
授業期 9:30-19:00
休業期 9:30-17:00
<本学活動制限指針レベルB, C>
授業期 10:00-19:00
休業期 10:00-17:00
※レベルD, Eの場合は閉室
土曜
12:00-19:00
※レベルD, Eの場合は閉室
閉室日
日曜、祝日、第一水曜(祝日の場合第二水曜)、夏季休業、年末年始、入試日等
※緊急事態宣言発出や本学の活動制限の指針レベルの変更等により開室時間の変更や臨時閉室する場合があります。

利用登録

学生

東京大学学務システムUTASに連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)が登録してあれば手続きは不要です。学生証が図書館利用証となります。UTASで登録した情報が図書館のデータに反映されるのは、翌日となります。
UTASが利用できない方は学生証を持参の上、「利用証交付申請書」を図書室カウンターに提出してください。
※夜間(17:00-19:00)土曜(12:00-19:00)の登録はできません。

教職員

IC職員証、教育学部庶務チーム発行の身分証を持参の上、「利用証交付申請書」を図書室カウンターに提出してください。IC職員証が図書館利用証となります。IC職員証が発行されない方はIC図書館利用証を発行します。異動により着任した場合、所属部局の変更等のため手続きが必要です。
※夜間(17:00-19:00)土曜(12:00-19:00)の登録はできません。

貸出冊数と期間

身分 冊数 期間
常勤教員 30冊 3ヶ月
院生、院研究生、研究員、非常勤教員、名誉教授、職員 20冊 1ヶ月
学部生、学部研究生 10冊 2週間

貸出手続

学生証・職員証・図書館専用ICカードのいずれかと貸出希望資料をカウンターに持参し、手続きをしてください。
※学生証等がない場合、資料を借りられません。必ずご持参ください。
・延滞中の図書がある場合及び罰則期間中は、新たに借りられません。規則を守ってご利用ください。
取り寄せた他部局所蔵資料はその部局の貸出冊数・期間が適用されます。
雑誌、禁帯出図書、参考図書は当日貸出のみ可能です。当日貸出は5冊までです。
貴重書、管理室配架資料等貸出対象外資料があります。

返却

図書室内でご利用のときは、館内利用図書返却台に置いてください。 貸出図書はカウンターまたはブックポストにお返しください。図書の返却はどの学内図書館・室でも可能です。 ※ブックポストに返却した場合、実際に返却処理をするまでMyOPAC上は貸出中となり時差が生じますのでご了承ください。
また郵送返却を受け付けています。
追跡可能な方法(ゆうパックや宅配便等)にて教育学部図書室宛てにお送りください。
輸送中に濡れたり破損しないよう梱包してください。
※他部局図書館・室の図書の同梱可能です。
なお、返送にかかる費用はご負担ください。

複写

私費用複写機が2台(コイン・千円札併用式1台、生協コピーカード式1台)あります。
※コピーカード販売機はありません
事前に備付けの「文献複写申込書」にご記入の上、カウンターにご提出ください。

  • 料金:1枚10円(モノクロのみ可、カラー不可)
  • 10,50,100,500円玉、1000円札をご利用いただけます。
  • 複写のための両替はいたしませんので、小銭や1000円札をご用意ください。
  • コピーカードは東京大学生協で販売しています。

他の図書館を利用するとき

学内他部局
図書館・室
各図書館・室によって独自の利用登録や予約が必要な場合があります。
利用したい図書館・室のウェブサイト等でご確認ください。
※COVID-19感染状況によっては他部局者の利用ができない図書館・室があります。
学外の図書館(他大学の図書館、研究機関図書館等)
必要な場合、紹介状を発行いたします。
開館時間、利用条件などについては当図書室カウンターにお問い合わせください。紹介状の発行には時間がかかります。
※COVID-19感染状況によっては学外者の利用ができない図書館もあります。
国立国会図書館 満18歳以上の方が利用できます。利用登録者になると書庫資料の利用ができるようになります。詳しくは 国立国会図書館の案内ページをご覧ください。
現在、東京本館では抽選予約制となっています。

学内他部局・他大学の資料・文献を取り寄せるとき

コピーや他大学の資料を取り寄せる場合、事前にカウンターでMyOPAC文献取り寄せ利用申請が必要です。 申請書(Excelファイル)は こちら からダウンロードできます。 料金・入手期間の目安は こちらのPDFファイルを ご覧ください。

学内他部局の資料 総合図書館を除く他部局所蔵資料を当室カウンターに取り寄せることができます。(研究室資料等対象外があります)
また、コピーやPDFの取り寄せも可能です。(有料・1枚20円)※PDFファイルは学内ネットワークからのみ閲覧可能です。またPDF取り寄せに対応していない図書館・室もあります。
いずれもMyOPACからお申し込みください。コピーやPDFの取り寄せは所定の手続き後にお申込み可能となります。
他大学・機関等の資料 国立大及び一部の公・私立大、国立国会図書館所蔵資料の複写物および図書の取り寄せが可能です。有料です。複写料金は所蔵館により異なります。
所定の手続き後にMyOPACからお申し込みください。

その他

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館のデジタル化資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料を利用できるサービスです。図書室内の専用パソコンでご利用いただけます。カウンターにお申し出ください。 コピーをご希望の場合もカウンターにお申し出ください。ご自分でプリントアウトすることはできません。有料です(1枚20円)

資料購入希望

対象資料:図書(冊子体、電子ブック)・AV資料(DVD/CD-ROM等)※雑誌は対象外
ご希望の方は、MyOPACアイコンMyOPACにログイン後、[MyOPACサービス]のプルダウンメニューから[図書購入リクエスト]をクリックして申し込んで下さい。
ご希望いただけるのは、1点の価格が1,000円~30,000円の資料です。
以下は対象外です。
雑誌、全集・シリーズ類、データベース等。
希望は図書委員会で検討され、購入の可否が決まります。希望理由にはその資料を教育学部図書室に備付けるべき理由を記述してください。
受付が始まりましたら、お知らせや掲示等で周知します。

論文執筆期間長期貸出

その年度に卒業論文・修士論文を執筆する方を対象に11月1日から行います。返却期限日は論文要旨提出日の翌日です。
冊数:学部学生20冊、大学院生30冊※通常貸出との合計上限冊数です
貸出後2週間が経過し、予約が入った場合(メールで通知します)は必ずご返却ください
教育学部図書室所蔵図書に限ります。他部局図書館室所蔵で取り寄せた資料は長期貸出の対象外です。
毎年10月下旬に貸出期間等の案内を周知します。

東京大学大学院教育学研究科・教育学部図書室
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 ☎03-5841-3910